新たな挑戦!!


by fp-nakajima

<   2008年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

深谷市近辺で、映画撮影することが 多くなってきた。
これは、きっと、「深谷シネマ」があるからです。竹石館長、強瀬くんをはじめとする映画を
こよなく愛する人々がいるからです。

「深谷FC」・・・・・・はじめは、「深谷コンパニオン」と間違えていました。

深谷フィルムコミッションのことでした。
映画に合うロケ地選定に協力したり、エキストラの手配などします。

映画は、文化。    文化創造の街深谷には、どしても必要。


役所の工事から役所の広司・・公務員から俳優へ
1956年、長崎県生まれ。高校卒業後、上京して 千代田区役所土木工事課に勤務。友人に連れられて観劇した仲代達矢主演の舞台公演『どん底』に感銘を受け俳優への道を志す。200倍もの難関である仲代が主宰する俳優養成所「無名塾」の試験に合格。芸名は前職が役所勤めだったことに加え、「役どころが広くなる」ことを祈念して仲代が命名。
1980年のNHK連続テレビ小説『なっちゃんの写真館』でテレビデビュー。
仲代達矢の教えである「自分以外の台詞であっても台本は全て覚えなさい」を実践していたために、出演者がリハーサルに来られない時や急病人が出た際の代役として重宝される。この姿勢がNHKのスタッフに気に入られ、番組開始直後は通行人役であったのに終了前は主人公家族と懇意にする海軍軍人として役名と台詞を得た。番組終了後もNHKから声がかかるようになり、1983年のNHK大河ドラマ『徳川家康』の織田信長役に抜擢。

1996年公開の『Shall we ダンス?』が大ヒット。さらに、『シャブ極道』(細野辰興監督作品)、『眠る男』(小栗康平監督作品)の演技が絶賛され、その年度の主演男優賞を総ざらいする。1997年の『失楽園』も大ヒット。今村昌平監督の映画『うなぎ』が1997年にカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞すると、この2年で20以上の映画賞を獲得。(今村とは、今村の遺作『赤い橋の下のぬるい水』でも共演)以後、黒沢清や青山真治らが監督を務めるの映画へ出演。東京国際映画祭での主演男優賞受賞、1996年から7年連続で日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を受賞するなど、毎年の映画祭でその名前を挙げられないことはないほど名実共に、日本を代表する映画俳優。

深谷へ来る・みたい。くわしくは、のちほど。

c0155211_16121570.gif
人気ブログランキングへ・・・・「こだわりの映画つくり」へ ポチっとお願いします!ありがとうございます。
[PR]
by fp-nakajima | 2008-05-31 08:06
昨日は、建設業労働災害防止協会の総会でした。
その後の 懇親会では、「ブーメラン竹とんぼ」映画「歓喜の歌」でもりあがった。
c0155211_1841891.jpg

片手に持てるだけの、「ブーメラン竹とんぼ」は、・・・・すぐになくなった。

このごろ、すごく人気出てきた。

暗い話ばかり多いこの建設業界
ちょっと数字は、忘れてしまったが、平成4年がこの業界のピークであって、
平成19年は、40数パーセント減。しかし、業者数は、そのときと同じ数だそうだ。
簡単に言えば、40パーセントの業者がいなくなれば、需要と供給のバランスが
とてもいいと いうこと。・・・・・・かな??

深谷は、現在 公共工事の大部分が、ダンピング入札になっている。
「仕事が少ないので、赤字になるのは、分かっていても、社員を遊ばせてしまうよりも 仕事が、欲しい。」 この意識が 蔓延しているので 落札金額の下落の歯止めが、かからなくなっている状態が、長く続いている。 このさき公共工事は、どうなるの?????

c0155211_184332.jpg


暗い話ばかりしていると、土坪にはまるので、明るい話。
30年前のこの業界の死亡者は、1500人
平成19年では、461人 だそうです。
安全にたいする意識は、改善してきている。
環境もよくなってきている。 と、いうこと。

今回の総会でも、またまた、新しい出会いがあり たくさんの人と仲良くなりました。

「竹とんぼの中嶋さん」
で、覚えてもらえます。
ほんとに 「ブーメラン竹とんぼ」 さまさま です。

このごろの作品、塗装の腕 ちょっと あがってますでっ・・しょ。

今度、当社中島建設が、表彰されるみたいです。これも 竹とんぼ?



c0155211_16121570.gif
人気ブログランキングへ・・・・「こだわりの『建災防』 」 に ポチっ とお願いします!・・・・・ありがとうございます。
[PR]
by fp-nakajima | 2008-05-30 19:05
先週のイトーヨーカドーの、イベントのあとに
とても 面白い人に会いました。
焼肉「宝屋」で、打ち上げしていると <牛のきぐるみ>を着た、へんな人が、入ってきました。はじめは、危ない人かもしれないと・・・・・
「豚なんか、食えるカー  」と、いきまいてました。

話をしてみると、超ー おもしろい。
ちょっと前まで、酪農家だったらしい。
そして、今は、プー。らしい・・・

豚でなく 極上牛肉を 食べてました。

名刺には、 「ミルク082」とある。  < ミルクおやじ> と読むそうです。
「ミルク082」 これで、検索すると 出てきます。CDも出してます。
なに、このひと  同年代らしい・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・ <いまもひとりで思い出し笑い>

そして、驚いたことに ・・・

この人 わたしの高校の、   同期だったのです。
いい年こいて、・・こいつ・・・・・ほんと、くっ・・くっ・・・  笑ってしまう。
c0155211_2117111.jpg

再会を誓い さよならしましたが、

  またすぐ会いたい「ミルク 0 8 2」。

人生いろいろ たのしもうぜえ~

「ミルク 0 8 2」。

c0155211_16121570.gif
人気ブログランキングへ・・・・「こだわりのミルク082」へ ポチっとお願いします!ありがとうございます。
[PR]
by fp-nakajima | 2008-05-26 21:18
「歓喜の歌」のチケット購入時に「竹とんぼ下さい。」と言えば、
「よく飛ぶ伝統竹とんぼ」を 1本プレゼントします。
1本、1本 竹と 語らいながら作った 手作り竹とんぼたちです。
かえってくるたけとんぼ「ブーメラン竹とんぼ」(特許出願中)の 原形に近い物です。

※埼北よみうりの 昨年9月14日号掲載より

「落語が原作の映画 埼北エリアで撮影」

落語家・立川志の輔の新作落語を原作にした映画「歓喜の歌」の撮影が、熊谷市を中心に埼北エリア各地で行われた。


2つのママさんコーラスグループが、大晦日の市民ホールをダブルブッキングされたことから始まるコメディタッチの物語。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の松岡錠司監督がメガホンを取り、小林薫さん、安田成美さん、由紀さおりさんなどの俳優陣が出演する。


8月24日は、深谷市の建設会社を舞台に撮影された。エキストラとして参加した、建設会社社長の中嶋義明さんは「初めての経験で面白かった。本物の俳優さんの演技はやっぱり違う」と感嘆しきりだった。松岡監督は「テーマがある題材なので、脚本にしやすかった」と述べた上で「原作では描かれていない主婦の日常を、どこまで描くかが難しかった」と、原作にない分自由さがあるが故の難しさを語った。また、「場所も良いが人柄が良かった」と埼北の印象を話した。


9月1日は、熊谷市の妻沼中央公民館でクランクアップ記者会見を行った。撮影時と同じ真冬用の衣裳で登場した主要キャストと松岡監督は真夏に行われた撮影を振り返った。主演の小林さんは「暑いけど冬用の衣裳なので、脳が涼しいと錯覚したが、やっぱり暑かった」と話すなど、監督、俳優陣がそれぞれ熊谷市の暑さのエピソードで、会場の笑いを誘った。会見後は500人以上ものエキストラが参加するクライマックスシーンの撮影が行われた。市内から参加した小林麻子さん、佐東美さん親子は「安田さんが綺麗でした。身近で見られて親近感が湧きました」と笑顔で答えた。同じく市内の劇団に所属する友人達と参加した村上恵子さんは「舞台と映画の違いやスタッフの多さに驚きました。絶対観に行きます」と、公開が今から待ちきれないといった様子だった。


『歓喜の歌』は来春公開予定(2008 2月2日より 全国ロードショー)



c0155211_2055143.jpg



この写真は、ブーメラン竹とんぼを、安田成美さんに 持ってもらいたかったので・・・・・・・

すいません



c0155211_16121570.gif
人気ブログランキングへ・・・・「映画 歓喜の歌」へ ポチっとお願いします!ありがとうございます。
[PR]
by fp-nakajima | 2008-05-26 21:00
「歓喜の歌」のチケット購入時に、「竹とんぼ下さい。」と言えば、
「よく飛ぶ伝統竹とんぼ」を 1本プレゼントします。

1本、1本 私が、竹と 語らいながら作ったかわいいものです。
かえってくる「ブーメラン竹とんぼ」(特許出願中)の 原形に近い物です。
c0155211_20393597.jpg

松岡譲司監督が、小林薫さんが、伊藤淳史が、
「おもしろい・・・」と、言ってくれた 竹とんぼです。

ちょっと、類を見ない 流線型の竹とんぼです。
真ん中のタイプのものを、プレゼントします。
ちなみに、1番左は、「ブーメラン竹とんぼ」、1番右は、お土産屋さんで売ってるもの
c0155211_9455142.jpg

どうして、竹とんぼなのか? 話は、長くなりますが、

私が、深谷シネマの近くの「ギャラリー一休」で、
「こだわりの竹とんぼ展」を、たまたま やっていた。

そこへ、深谷シネマ理事の国松氏
「中島建設が、映画の設定に ぴったりじゃん。」と
すると、その日のうちに、映画関係者H氏が来る。
次の日には、松岡譲司監督をはじめ 制作 美術の人も当社に、・・・・・・・

なんとか、中島建設を 映画に出したい私は、

「ブーメラン竹とんぼ」「ハイパー紙鉄砲」
 みんなに プレゼントしました。

すると、監督は、すごく興味をしめしてくれて、竹とんぼ いっぱい持って行ってくれました。

そして、その日の、夕方には、

「中島建設で、OK 社長といっしょに 仕事したい。」
と、監督

その日のうちに、ロケ地が、決まること自体 異例中の異例だそうだ。

映画の エンドロールでは、
浅田美代子の次に・中嶋義明・・・
監督が、我々のことを 俳優みたいに 評価してくれてると思うと、ほんと・・・・・涙でちゃう。

映画の中の スマイル建設の人々は、みーんな中島建設関係者で、
職人たちも、すべて、中島関係者なんですよ。



c0155211_16121570.gif
人気ブログランキングへ・・・・「映画歓喜の歌」へ ポチっとお願いします!ありがとうございます。
[PR]
by fp-nakajima | 2008-05-20 19:34
ちょっとまえ 三女(史)から電話
「たろっぺ 届いたよ。ありがと。」

<たらの木の芽>を ここらへんでは、「たらっぺ」 または、「たろっぺ」 と言う。
てんぷらにすると、とても うまい。
お世話になっているひとに 持って行くそうだ。

先週 彼女が、「パパ 読んで」と、
送ってくれた文章で、ぐっときた。
c0155211_119472.jpg


現実を見て
夢を諦めたり
挑戦しなかったり
どんどん
妥協して行くのが
大人になることじゃない
夢を叶えるためには
現実を見ることが大切だ
そのために大人になるんだ
子供の頃の夢を今の夢を
この世界で真実にするんだ

どんなに歳をとっても
振り返った時
失敗したなあ、と想っても
後悔しない人間になりたい
常に夢をめざして生きたい
今を精一杯生きて
ちょくちょくわらっていたい
それが僕の幸せだから
人生は冒険だから


アクション 出逢い つながり

感謝。



彼女が、このごろ 感じていることだ。

動からなくちゃ なにも始まらない。
出逢いもない。
そして、出逢えたことに感謝。

ありがとう史、バリバリ がんばろう気分に なりました。

まだまだ、 若いぞ~ パパ。


人気ブログランキングへ・・・・・・「こだわりの三姉妹」に、 ポチっとお願いします!・・・ありがとうございます。
[PR]
by fp-nakajima | 2008-05-19 01:52
c0155211_11312167.jpg

深谷のイトーヨーカドーで イベント やってま~す。
おかげさまで ほんと 大盛況です。


へー映画「歓喜の歌」は、深谷で 撮ったんだ。


このこと 知らない人ばかりでした。

主人公の小林薫さんから 突貫工事を お願いされるスマイル建設は、当社 中島建設での撮影でした。 

「竹とんぼ」繋がりで 松岡錠司監督と なかよくなりました。

安田成美さんの子供たちは、去年6月には、
すでに私の、「ブーメラン竹とんぼ」持ってたんですよ。

昨年の9月2日に 我々のエキストラとしての仕事が 終わったときに、
小林薫さん 伊藤淳史さんにも プレゼントしました。

「この、映画撮影が終わる前に 伊藤君ができるように 必ずするから」
と 小林薫さんが、言ってくれて
ほんとに、待ち時間の間中 その日深夜まで 
汗びっしょりになりながら俳優の人たちと飛ばしていたと聞き 本当にうれしかった。 

消防署員役の役の 徳井さんは、
「みんなが 飛ばしているので、東京では、竹とんぼが、今はやってるのかな?」と思ったそうです。

後日もらった小林薫さんのサインには、
「竹とんぼ おもしろかった。」 て書いてありました。

松岡錠司監督も 私の似顔絵と竹とんぼ 描いてくれてます。

まさに、これ・・・・・・・・ わたしの 宝 物。

竹とんぼで 交流出来た人々は、 ほんと にすごい。
どんどん広がる「竹とんぼの輪」。

あと・・・・・・・・・・・・・・・韓流スターの クウオン・サンウさんも 持ってますよ。


18日まで、ヨーカドーで当社のチラシをもっていってくれる人に、「竹とんぼ」 プレゼントしています。

私のいるときだけですが でも だいたい いると思いますので 遊びに来てください。
c0155211_2134274.jpg
c0155211_11314812.jpg
c0155211_1132822.jpg

人気ブログランキングへ・・・・・・「こだわりの映画つくり」に、 ポチっとお願いします!・・・ありがとうございます。
[PR]
by fp-nakajima | 2008-05-15 21:53

限界に 挑戦!!!

私の、武蔵野美術学校のときの思い出といえば
お金をかけないで 日本のあらゆるところに 旅行する《 とらべらーず 》と言うサークルで 
経験したいろいろなこと。
当時は、大きな荷物をしょっていたので カニ族と呼ばれていた。

その中で、自分を いっぱい表現しようと いろいろ挑戦していた。

「深谷から  小平市 学校まで 90キロ走破!!」

「山の手線 24時間徒歩で2周」

「1日で、ボーリング 何ゲーム できるか?」

「キリンライトビール 売上げ大学祭の日本1に挑戦」

「北海道旅行 バナナだけで何日生きられる?」

「立山山頂から黒部ダムまで 交通機関使用の誰よりも早く 走って下る。」

今 考えれば 《まさに、・・・・無謀》と思えることを    やっていた。

だけど、とっても 楽しかった。

助けてくれる 親友も いっぱい出来た。

私の娘、次女 彩が、「山の手線 徒歩で1周」に 今月24日に 挑戦する。

営業距離にして、38.5キロ 駅から駅に 線路を歩くわけにいかないので 近くの道で。

きっと、40キロぐらいは、歩くことになる。 

自分の学生時代やったことを 娘がする。 なんだか とってもうれしい。

はやく、感想が 聞きたい。

人気ブログランキングへ・・・・・・「こだわりの3姉妹」に、 ポチっとお願いします!・・・ありがとうございます。
[PR]
by fp-nakajima | 2008-05-15 06:25
熱海の Oさんから、電話頂きました。
「ぶらり途中下車の旅」2007・9・22 日本テレビ」に 私が出たのを覚えていて
我が社に 直接連絡ありました。

もう、半年以上も前の テレビ放送だったのに まだ 心のなかに 「ブーメラン竹とんぼ」のことが 記憶としてあること自体 ほんとうに うれし~い。

「鉛入りの仕上がったやつ」 3本ほしい と 言うことで、した。

テレビでは、「ハイパー紙鉄砲」の部分は、すべて カットされてましたので 
これも、おまけで ・・・・・・付けました。
Oさん 飛ばしてみての感想を、是非 教えてください。
楽しみに していま~す。
c0155211_21244813.jpg

1番左のタイプの3本 塗装仕上げです。


人気ブログランキングへ・・・・・・「こだわりの竹とんぼつくり」に、 ポチっとお願いします!・・・ありがとうございます。
[PR]
by fp-nakajima | 2008-05-14 20:55
昨日、お言葉に甘えて ふじみ野市にある奥山建設の社長宅での
ガーデンパーティに参加させて頂きました。
(いつものように、竹とんぼと 紙鉄砲をもって)
私が、「よりよい住宅」を求めて、あらゆる工法を勉強していた十数年前に、社長の、熱い熱い「FPの家」の説明を受けました。「なんてすごい社長なんだろう」・・・・・・・・
それが縁で、FPグループに入りました。

 このところ社長にお会いしていなかったので 再開を楽しみにしていました。

あいにくの雨にもかかわらず 参加されたFPのOBさんたちと
ほんとうに、楽しくされてました。

「家を作らせてもらうということは、一生のお付き合いをさせて頂くと、いうこと」を 実感しました。

またまた、社長のとこで勉強してまいりました。 これを、絶対 活かします。

5月14日(水)~18日(日)
深谷市のイトーヨーカドーのイベント広場において、
深谷シネマの人たちと
映画「歓喜の歌」の宣伝 及び、この映画のロケ地である中島建設を アピールしてきます。

c0155211_2275848.jpg


あと、ひとつ報告があります。
「竹とんぼ教室」は、8月6日に 深谷市生涯学習センターにおいて公民館の事業として、
行うことが決まりました。子供中心に、


人気ブログランキングへ・・・・・・「こだわりのFPの家つくり」に、 ポチっとお願いします!・・・ありがとうございます。
[PR]
by fp-nakajima | 2008-05-11 21:34