新たな挑戦!!


by fp-nakajima

<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ブーメラン竹とんぼ

 無風 または、草木の枝の先端が、わずかに揺れる程度の微風であり
人のいない広い芝生の公園で遊ぶのが もっとも 好ましい。
c0155211_14255030.jpg

写真の一番下の竹とんぼが、ブーメラン竹とんぼ
 両手に機体を挟み やや前向き に傾け 左手を壁にして 右手を前方に滑らせ軸に回転力を与える。
左手の平(日本人の2割は、自分の顔の方へ 傾けるので 注意が必要)


・・・詳しくは、竹とんぼのホームページできましたあ。
すごいひとに 作っていただきましたあ。

http://banbomerang.web.fc2.com/
です。

・・・・
 


2~30m飛んでもどってくるように 作っておりますが、初めからうまく戻ってくるようには、なりません。 練習が、必要です。
 まずは、ウォーミングアップ。
竹とんぼを 両手で垂直にもち 軽く飛ばしてみてください。
上に投げるのではなく、あくまでも 右手と、左手の横の運動だけ にしてください。
自分の上方1mぐらいまで、飛ばしてキャッチ! 飛ばしてキャッチ! 飛ばしてキャッチ! それを 何度も繰り返します。 
 すると ヘリコプターの ホバーリングのような動きをしてくる。
だんだん 竹とんぼが、体の一部になってきます。

 空中でのブーメラン竹とんぼは、羽と軸の接合部を支点にして 軸が振り子運動をするので
それを利用して飛ばしてください。(それが、戻ってくるためにもっとも必要な運動なのです。)

 軌道イメージは、投射された機体は、前方に傾き遠方に向かいます。やがて軸は垂直になり
回転速度が、落ちてくると 上昇に転じ 高度を確保する。
(ここまで 回転力を与えられるようになるには、ちょっと時間がかかる。
 練習! 練習! 練習!・・・・・・・)

一番高度のある その時 軸の下部が、外側に位置していれば 自分のほうへ 滑空が始まり 帰ってきます。

 この竹とんぼは、天気のよい微風のなかで遊ぶのが、とても楽しい。
自然の風をよみ、投射角度と力加減を決め 予想練習どうりに手元に帰ってきたときには、自然と一体となって遊んでいる気持ちになれます。
風をあやつるナウシカみたいに。

 みんな頑張ろう。 練習あるのみ!!





c0155211_16121570.gif
人気ブログランキングへ参加してます・・・・
「こだわりの『  ブーメラン竹とんぼの 』 」 に
           ↑↑↑↑↑↑↑↑
 ポチっ とお願いします!
・・・・・ありがとうございます。

[PR]
by fp-nakajima | 2007-12-28 08:35

FPの家 ばんざい!

 先ほど 現在建築途中の施主様から 電話を頂きました。 「近所の人からの評判が とてもいい。担当の監督に お礼を 言っといて。」 と 
 とてもいい気持ちでした。
このお客様は、妹さんが、「FPの家」を推薦してくれました。いろいろいい家について勉強されて ついにたどり着いたのが、FPの家だったそうです。そして、近くの工務店の中から 当社を選んでくれたのだから 責任重大です。がんばります。

今回も、平屋の切り妻
 外部壁面には、105㎜もある 硬質ウレタンパネル。
 床には、89㎜の 硬質ウレタンパネル。
 そして、屋根には、通気層をもった熱遮断屋根パネル。

 施主様は、夏クーラーを かけるのが嫌いと 言われています。それで、今回 天窓をつけました。勾配屋根の一番上につけたので、自然の風も楽しめると思います。
 また、しっかり断熱された屋根裏を 利用して 膨大な蔵書を保管することもできます。

こだわって、これからも、「FPの家」を 発展させていきます。

c0155211_16121570.gif
人気ブログランキングへポチっとお願いします!
[PR]
by fp-nakajima | 2007-12-25 19:56
私の創った 「ブーメラン竹とんぼ」が、伝統的な民芸竹とんぼと、どこがちがっているのかについて 話しましょう。写真の一番したのが、帰ってくる竹とんぼです。
c0155211_8382220.jpg

1、羽について
 通常の竹とんぼの羽は、穴のあけた中心から先端部まで 同じ角度削る。(写真の一番上)
小刀で作業するとき それが一番らくであるから。
 しかし、ブーメラン竹とんぼでは、中心から羽先端にむかい 水平に近づくように削る。
少し捻ったようになる。すると 竹とんぼが、回転するとき 中心部の揚力にたいし 先端部の角度変化は、ブレーキのような役割をして 軸のぶれない安定した飛行を可能にした。
(羽の上面は、小刀で中心から 先端に向けて、削るのは容易だ。しかし、羽の下面は、竹の繊維方向に対し逆目になるため 先端から中心にむけて削らなければならない。これがなかなか困難な作業です。)

2、錘について
 羽の先端に近い位置に 穴をあけて 鉛(0.64~0.85g)を埋め込んでいます。
より回転が持続し より飛距離が伸びます。

3、軸について
 ・軸の下部を膨らました。(普通の竹とんぼの軸は同じ径の棒を使用)
 ・軸の下部半分に ケイ砂を接着した。
この作業により 重心を下げることに成功し 軸の振り子運動を可能にした。

ブーメラン竹とんぼは、この振り子運動を活用することにより 帰ってくる。
c0155211_16121570.gif
人気ブログランキングへポチっとお願いします!
[PR]
by fp-nakajima | 2007-12-17 22:57

ブログ開設しました!

やっとの思いでブログ開設することが出来ました!
パソコンは殆ど触れた事がなく、四苦八苦・・・(>_<)
色々教えてもらいながら・・・。 ここまできました!

今年は色々な事がありました。

新聞(埼玉新聞6月4日、朝日新聞6月10日) 雑誌(建設労務安全)
テレビ(日本テレビ9月22日放送、NHK12月6日)
映画(歓喜の歌 2008年2月2日より全国ロードショー)

  に掲載、出演しました。

これもこだわりの「ブーメラン竹とんぼ」によって繋がりました。

宜しくお願いします!!

c0155211_10392170.jpg


blogランキングへ 
↑↑人気blogランキングのクリックをお願いします!

[PR]
by fp-nakajima | 2007-12-10 09:28