新たな挑戦!!


by fp-nakajima

神崎えり サン(無声映画伴奏ピアニスト) 七ッ梅にてコンサート 

神崎えりサン 深谷シネマ開業のときに
来てくださいました。

そのときから 待ちわびていた 深谷シネマでの彼女のイベント
c0155211_8151596.jpg



深谷シネマにてバスター・キートンの傑作『セブンチャンス』を生伴奏付きで一日限りのプレミア上映!

2010年6月29日(火)喜劇王が鍵盤の上で酔拳を舞う…題して「深酒シネマ」!!

この春深谷シネマが旧七ツ梅酒造の蔵の一角に移転しました。映画館が空き家となった酒造に移転するという前代未聞の出来事は大きな話題となっています。今回の「深酒シネマ」は興奮の冷めやらない旧七ツ梅酒造で音楽と映画を通してその移転を改めてお祝いするものです。出演はドビッシー、ラベル、ブーレーズといった大音楽家を次々と排出する世界最古の音楽院であるパリ高等音楽院を卒業し日本を拠点に活動をはじめた神崎えり。今年のトーキョーワンダーサイトの公演でも奨励賞受賞し今注目を浴びる音楽家です。海外の演奏経験は豊富で無声映画伴奏を多数手がけています。今回挑戦する無声映画は三大喜劇王の一人バスターキートン。『セブンチャンス』『成功成功』といった移転のお祝いにふさわしい演目。


日時:2010年6月29日(笑いに火がつく火曜日)4回公演
(11:00~,13:30~,16:30~.19:30~)

会場:深谷シネマ(旧七ツ梅酒造) ■上映映画:バスターキートン作品『セブンチャンス』『成功成功』ほか短編

■出演:神崎えり (無声映画伴奏ピアニスト)
国立音楽大学、パリ国立高等音楽院卒業。作曲・作曲理論・ピアノ即興演奏・室内楽の学位を取得。無声映画伴奏ピアニスト。

無声映画伴奏歴

2008年7月「ベルリン市長」E.ルビッチ/ 映画フェスティバル“Paris Cinema”
    8月「Blacksmith」B.キートン/ 同“Strade del Cinema”(イタリア)
    9月「大地」A.アントワーヌ/ オデオン劇場、パリ
   10月「Dawn l’aube」H.Wilcox / 軍事博物館、パリ
   11月「生まれてはみたけれど」小津安二郎/ 映画館バルザック、パリ
2009年7月「東京行進曲」溝口健二/ 映画フェスティバル“Paris Cinema”
2010年1月“Pochette Surprise”短編映画各種/ 映画館バルザック、パリ
   2月「ロイドの人気者」H.ロイド/ トーキョーワンダーサイト本郷、東京


 神崎えり サン


小林屋での 出会いを 彼女のブログで書いてくれてます。
彼女の ピアノのうえに わたしの 竹とんぼ あるそうです。

ほんとうに うれしい。


昨日の コンサート最高でした。
こんなに 映画館でしか 出来ないこと
すばらしかった。

幸せな 気分になりました。


ありがとう神崎えり サン
そして、 西山さん


人気ブログランキングに参加しています・・・・

「こだわりの『神崎えりさんと ブーメラン竹とんぼ』 」 に
              ↑↑↑↑↑↑    ポチっ とお願いします!
・・・・・本当に 応援ありがとうございます。

[PR]
by fp-nakajima | 2010-06-30 07:51